人気でも日本一?オリックスが人気球団に。

2年連続でパ・リーグを制覇したオリックス。今年は遂に悲願の日本一も達成した。

近年は人気にも拍車がかかっており、特にファンクラブのサービスの満足度やバッファローズ。

親会社のオリックスもDHCを買収するなど、資金力には余裕のある状況でこれからもパ・リーグで存在感を増していくことは間違いないチームだ。

今回はオリックスが人気球団になるまでの道のりを解説したい。

バッファローズポンタの誕生

オリックスバファローズの前身はオリックスブルーウェーブと近鉄バファローズ。

オリックスファンといえば、古くからの近鉄バファローズファン等、野球観戦玄人のファンが多い印象が強かった。

また、イチローを擁した1996年の優勝以来、2021年まで優勝から遠ざかっており強豪チームのイメージがなくて、かつ本拠地の関西に阪神タイガースという超人気球団があることから、ファン獲得は難しかったことが想像される。

だからこそ、フロントもいかにファンを取り込むか?には特に力を入れて取り組んでいたはずだ。

特にポンタという知名度の高いキャラクターを活用して、バファローズとかけあわせたのは大きい。

コラボ当初の2016年は、オリックスがそこまで強くなかったことから、ポンタが負けて落ち込む絵がTwitterで拡散され話題になった。

かわいいキャラクターとコラボすることで女性ファンの取り込みにつながる。

オリックスが新規にファンの裾野を拡大するためには、巨人や阪神など人気球団ターゲットと競合するターゲットではなく、女性という新規の顧客層にアプローチすることが大切なのだ。

また、バッファローズポンタがTwitterでばずったり、LINEのスタンプ化されるなどSNSを駆使したマーケティング戦略も素晴らしい。

赤字覚悟のファンクラブ運営

ファンクラブ運営にも力を入れており、リュックやユニフォームなどの入会記念特典がおしゃれだ。

特にリュックは人気メーカーのNEW ERAとコラボするなどおしゃれで普段使いも出来るデザインだ。

また、日ハムのキツネダンスほどの知名度はないが、バッファローズポンタにかけタヌキダンスというものもあるらしい。

来年の知名度向上に期待だ。

大阪との結びつき

今年のオリックス日本一時、道頓堀が盛り上がり大混雑になったというニュースが流れていた。

これまでは、道頓堀=阪神というイメージが強かったが、本来のフランチャイズ球団は大阪=オリックスで兵庫=阪神だ。

このまま、オリックスが強豪球団としての立場を維持することができれば、いずれは大阪=オリックスバファローズというイメージが定着するかもしれない。

また、今回の優勝時に行われた御堂筋パレードや道頓堀でのお祝いなどでオリックスに愛着を感じた地元の方もおおいのではなかろうか?

今後も、オリックスの地域密着戦略に期待だ。

まとめ

阪神という人気球団を隣にしながらも、年々存在感を増しているオリックス。

ファンクラブ運営や、マーケティングにも力を入れている。

関西=オリックスの世界線がいずれ来るのか、注目したい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。